相続でもめないようにするための対策などはあるのでしょうか?

相続が開始し遺産分割の話合いの中で親族同士のもめごとが起きるというのはよくあることです。しかし、被相続人としては、自分の遺産を分割する話合いの中で、親族同士でもめごとになってしまうというのは本意ではないと思います。それでは、このようなもめごとになるのを避けるにはどうしたら良いのでしょうか。

考えられる方法としては、遺言を作成しておくということです。
遺言が作成されていれば、遺言の内容に従って遺産が分けられることになりますので、遺産をどのように分けるかをめぐって相続人間で揉め事になるということは基本的に避けることができると考えられます。

もっとも、遺言の内容が曖昧であった場合には、その解釈をめぐって相続人間で争いが生じる可能性がありますし、遺言に記載された以外に財産があるという場合には、その財産をどのように分けるかをめぐって相続人間で争いが生じる可能性もあります。
また、遺言が、遺留分(一定の範囲の相続人に留保された相続財産の一定割合のことで、簡単に言えば、民法が相続人に認めている最低限の取り分のことです)を侵害するものであれば、遺留分減殺請求がされ、相続人間で争いになる可能性が残ります。
さらに、遺言の内容次第では、遺言の内容に不満のある相続人と、そうでない相続人との間でわだかまりが生じ、遺言の効力そのものを争うという形で、相続人間で争いが生じる可能性もあります。

したがって、遺言を作成する際には、以上のような争いの種を残さないように配慮して作成する必要があります。また、遺言の内容について家族に話しておき、相続人となる者の理解を得ておくということが必要な場合もあるでしょう

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。