単純承認とはどのような相続の方法ですか?

単純承認とは、相続人が被相続人の財産を何らの条件を付けずに無制限に引き継ぐことです。

 

この場合の財産とは、プラスの財産だけでなく負債も含まれます。
したがって、相続の単純承認というのは、負債といったマイナスの財産についても無条件かつ無制限に引き継ぐということになります。
各相続人は、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に、「単純承認」、「限定承認」、「相続放棄」のいずれかを家庭裁判所に対して申立てなければいけません。この期間内に申立てをしなかった場合は「法定単純承認」と言い、単純承認をしたものとみなされます。
ですから、単純承認する場合は特に手続きなどは必要ありません。
一方、相続財産の中に多額の負債が含まれており、相続財産を無制限に引く継ぐことを避けたいという場合には、3か月の期間内に「相続放棄」ないしは「限定承認」の手続をとる必要があります。

 

相続人は、以下の場合は単純承認したものとみなされて限定承認や相続放棄をすることができません(ただし、例外もあります)。
◇相続人が相続財産の全部、または一部を処分した場合
◇相続人が自己に相続が開始したことを知った時から3ヶ月以内に限定承認または相続放棄をしなかった場合
◇相続人が限定承認または相続放棄をした後でも、相続財産の全部または一部を隠したり消費したり、悪意で財産目録に記載しなかった場合

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。