父の遺言の内容が法定相続分に反していたので納得できません。このような遺言でも有効なのでしょうか?

  法定相続分とは、被相続人が遺言をしなかった場合に相続財産をどのように相続させるかについて定めたものです。すなわち、法定相続分とは、遺言がされなかった場合における相続分について定めたものであって、遺言がされている場合は、遺言の内容が優先し、遺言の内容にしたがって相続が行われることになります。

 

 このように、法定相続分に反する内容の遺言も有効です。

 

 しかし、遺言の内容が法定相続分に反するのみならず、相続人の遺留分を侵害する場合には、遺留分減殺請求権が行使されることにより、遺留分の保全に必要な限度で遺言の効力が否定されることになります。

 

 すなわち、民法は、一定の相続人について、相続に関しての最低限度の取り分として「遺留分」を認めています。たとえ遺言がされていたとしても、相続人の遺留分までは奪うことはできません。遺留分を取り返す権利を行使するかどうかは相続人の自由であり、そのように遺留分に反した遺言だからといって無効なわけではありません。遺留分を侵害された相続人が侵害されている遺留分を取り戻そうとして「遺留分減殺請求」が行使されるまでは有効です。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。