普通養子縁組と特別養子縁組では、相続する場合にどのような違いがありますか?

普通養子縁組と特別養子縁組があり、特別養子縁組は実親と養子となる子供の親子関係が終了するため、養子は実親の相続人とはなりません。
 以下、詳しく説明しておきます。

◇普通養子縁組
いわゆる一般的な養子縁組である普通養子縁組の場合、養親と養子の間に新たな親子関係が生じても実親との親子関係は消滅しません。養子は、養親が死亡した時と実親が死亡した時、いずれの場合も被相続人の子として法定相続人になります。子供が先に死亡した場合は、養親と実親の両方が同じ割合で相続します。

◇特別養子縁組
 特別養子縁組とは、子の福祉を重視する観点から設けられた制度で、要件や効果などの面で普通養子縁組と異なった定めが置かれています。
 その中の一つが、特別養子縁組をすると、実親と特別養子となった子供との法的な親子関係が終了するというものです。したがって、実親と特別養子とは互いに相続人になることはありません。特別養子は養親の法定相続人となるのみです。


いずれの養子縁組でも、相続人が増えることにより、各相続人一人あたりの相続分が減ることになります。そのため、養子縁組をしようとしても相続人の猛反対にある場合や、養子縁組の手続きを済ませた後でも近親者の間でトラブルが起こるケースもあります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。