身内は私と姉の2人だけで、父が経営していたアパートを残して亡くなりました。姉が、突然「私は生前に父から財産を贈与されているので遺産分割で受ける相続分はありません」と記した書類を送ってきて署名捺印するように言うのですがどうすれば良いでしょうか?

 このような書類は「特別受益証明書」や「相続分なきことの証明書」と呼ばれるものです。
 被相続人が亡くなる前に被相続人から贈与などを受けた相続人がいる場合、そのことも相続分の算定にあたり考慮されます。すなわち、生前贈与などを受けていた相続人はその分だけ相続分が少なくなり、相続分の価額以上の生前贈与を受けている場合には、その相続人には具体的な相続分がない(相続により取得する財産がない)ということになります。
 このように、相続分以上の生前贈与を受けているため、相続により取得する財産がないということを証明するために作成されるのが「特別受益証明書」や「相続分なきことの証明書」と呼ばれる書類です。

 「特別受益証明書」や「相続分なきことの証明書」は、共同相続人の一人に遺産を集中させるための便法として使われることがあり、実際には生前贈与を受けていないのに、他の相続人に言われたとおりに署名押印してしまうという例も多いようです。
 しかし、「特別受益証明書」や「相続分なきことの証明書」に署名押印した場合、実際に生前贈与を受けていなかったとしても、証明書の内容を理解して、自らが相続により取得する財産がゼロとあるとの意思表示をしたとみなされ、後になって遺産分割の請求をすることができなくなる可能性があります。
 したがって、他の相続人から、「特別受益証明書」や「相続分なきことの証明書」と題する書類が送付されてきても、内容が事実に反するものであったり、内容が納得できないものであれば、署名押印せずに遺産分割の請求を行うことが考えられます。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。