非嫡出子にも相続権はあるのでしょうか?

 子供には嫡出子と非嫡出子の二種類がありますが、嫡出子が法律上の夫婦から生まれた子供であるのに対して、非嫡出子は法律上の夫婦以外の男女から生まれた子供です。非嫡出子のことを婚外子と言う場合もあります。
嫡出子にも、親を相続する権利があります。

 嫡出子も非嫡出子も、相続順位(相続人になれる順位)は、同じ第一順位です。しかし、非嫡出子は、法定相続分(法律が決めた原則的な取り分)が嫡出子の二分の一しかありません。非嫡出子は、相続分について、法律上嫡出子よりも不利に扱われているのです。

 例えば、被相続人(亡くなった人)に遺産が6000万円あり、相続人が嫡出子であるAさんと非嫡出子であるBさんの2人である場合、各々の相続分は、嫡出子であるAさんが4000万円、非嫡出子であるBさんが2000万円になります。

 被相続人に非嫡出子がいる場合には、遺産相続で問題が起きるケースが多くあります。そのような争いを避けるためにも、非嫡出子がいる場合には親がきちんと遺言を残して、非嫡出子の相続分についても明確に定めておくのがよいでしょう。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。