連れ子には継親の遺産相続権があるのでしょうか?


A.遺産相続には、相続人になれるかどうかの優先順位があり、子は第一順位の相続権が与えられています。この場合の子というのは、実子または養子のことであり、単なる連れ子は相続人になれません。

 連れ子が継親を相続できるのは、継親と連れ子が養子縁組を結んでいる場合です。養子縁組を結んで法的な親子関係になっている場合には、問題なく相続権があり、その順位は第一順位になります。しかし、養子縁組を結んでいない連れ子は、実子でも養子でもありませんので、継親の相続人となることができないのです。

 ですので、自分が亡くなった際に継子にも財産を与えたい場合には、継子と養子縁組を結んでおくか、又は、遺言を作成しておいて継子に財産を与える必要があるのです。
そうでなければ、継子が小さい頃から一緒に暮らしていてどんなに長い年月を共にしていたからといって、法律上の親子関係がないため相続権を与えてはもらえないのです。
0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。