相続人が相続放棄をしたいという場合には相続の順位はどう移っていく?

相続人には順位があります。上位の人が相続放棄した場合、順位は第一から第二、そして第三順位へと移っていきます。
群馬県高崎市の弁護士が詳しく解説します。
 

目次

1.相続順位とは
2.相続放棄した場合の相続順位の移り方
3.相続放棄する時の注意
 
目次
  • 1.相続順位とは
  • 2.相続放棄した場合の相続順位の移り方
  • 3.相続放棄する時の注意

1.相続順位とは

相続をできる人は法律で決まっており、これを「法定相続人」といいます。
配偶者は常に法定相続人となれますが、それ以外の家族はあらかじめ順位が決められており、順位が上の人から順番に相続をすることができます。
 

【相続順位】

第1順位 亡くなった人の子供(直系卑属)及び代襲相続人
第2順位 亡くなった人の直系尊属(親や祖父母など)
第3順位 亡くなった人の兄弟姉妹および代襲相続人

 

2.相続放棄した場合の相続順位の移り方

相続放棄

  

では、相続を放棄する場合にはどうなるのでしょうか。

亡くなった人(被相続人)の子供が第一順位ですので、子供がたくさんいた場合は、第一順位の相続人がたくさんいるということになります。

しかし、その子供が全員相続放棄をすると、次は第二順位の相続人である、被相続人の父母等に移ります。さらに被相続人の父母等も相続放棄をすると、第三順位の相続人である、被相続人の兄弟姉妹に、というように移るのです。

このように、その順位の相続人が全員相続放棄すると、次の順位の相続人に相続権が移ります。

 

3.相続放棄する時の注意

注意すべきなのは、最初から全ての相続人が相続を放棄したいというように考えていたとしても第一から第三までの順位の相続人が一度に相続放棄の手続きをするようなことはできません。

第一順位の人が相続放棄をして第二順位に移り、そして第二順位の人が相続放棄をして第三順位に移っていきますが、自分に順位が移ってきた後で、相続放棄の手続きをする必要があるのです。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。