離婚をした場合には元配偶者、子供の相続順位はどうなるのでしょうか?

 
A. まず、離婚をした場合には元配偶者は相続人とはなりません。

 この点、被相続人の配偶者(夫・妻)は常に相続人になりますが、離婚をすれば配偶者ではなくなり、親族関係がなくなりますので、相続権も離婚をした時点でなくなるのです。

 したがって、離婚をした場合には元配偶者は相続人とはなりません。

 次に、離婚をした場合の子供の相続順位についてですが、この点、離婚をした夫婦の間に子供がいた場合には、両親が離婚をしたとしても親と子供との親子関係がなくなるわけではありません。子供は、離婚した親のどちらについていったかには関係なく、両方の親にとって第一順位の相続人なのです。

 たとえ子供が小さい頃に両親が離婚をしていて、片方の親はその子供と長いこと全く会っていなかったという場合でも、その親が亡くなった際には子供が第一順位の相続人になります。

 したがって、遺産相続の手続きをする際には、長く被相続人と離れて暮らしていた子供も、話し合いに加わる必要が出てくるでしょう。

 また、親の離婚は子供の相続分についても影響がないので、離婚した前の配偶者についていった子供にも、被相続人の再婚相手との間の子供と同じ相続分があります。

 前の配偶者との子供と、再婚相手との子供との間で、相続時に争いが起こるケースもあるので注意が必要です。
0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。