遺産分割調停において葬儀費用や香典は遺産分割の対象となりますか。

 

 

A 

 

1 葬儀費用

 


  葬儀費用(通夜、告別式、遺骸の火葬などの葬儀に要する費用)は、相続開始後に生じた債務であり、相続財産に関する費用ともいえないものであるため、支出金額や分担に争いがあれば民事訴訟により解決することになります。

 


しかし、調停は話し合いの場であるので、当事者全員の合意があれば、葬儀費用を考慮して調停を成立させることは可能です。

 

 

2 香典

 


  香典は、死者への弔意、遺族へのなぐさめ、葬儀費用など遺族の経済的負担の軽減などを目的とする祭祀主宰者や遺族への贈与であるため、遺産分割の対象とはなりません


しかし、調停は話し合いの場であるので、上述の葬儀費用と同じく、当事者全員の合意により、香典を考慮して調停を成立させることは可能です。

 


  なお、香典は、慣習上香典返しに充てられる部分を控除した残余につき葬儀費用に充てられますが、それでもなお香典に残余金が生じた場合は、残余金が葬儀主宰者に帰属すると解する見解と相続人に帰属すると解する見解があり、個別事情に応じてどのように解決を図るか考える必要があります。

 

 

 より詳しいことにつきましては、相続実務に精通した弁護士にご相談ください。

 

 


0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。