相続Q&A

カレンダー 2013年07月24日

相続Q&A3

相続Q&Aへ>>    相続Q&A2へ>>    相続Q&A4へ>>    相続Q&A5へ>>     相続Q&A6へ>>     Q.遺産分割調停とは何ですか?   Q.認知を受けていない愛人の子に相続権はありますか?   Q.被相続人の... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年07月24日

相続Q&A2

相続Q&Aへ>>    相続Q&A3へ>>    相続Q&A4へ>>    相続Q&A5へ>>     相続Q&A6へ>>   Q.熟慮期間の延長はできますか?   Q.相続の承認・放棄は撤回できますか?   Q.相続と失踪宣告   Q.相... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年07月12日

遺言に関するQ&A3

≪前のページ へ   Q.遺言の自由にも例外はありますか? Q.共同遺言の禁止とは何ですか? Q.不倫関係にある者に財産を与えることを内容とする遺言の効力を否定することは出来ますか? Q.自筆証書遺言と公正証書遺言は何が違うのですか? Q.自筆証書遺言と公正証書遺言、法的に強いのはどちらですか? Q... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年07月12日

遺言に関するQ&A2

≪前のページへ                                         次のページへ≫   Q.ビデオで録画した遺言でも有効でしょうか? Q.手書きで作成した遺言らしきもののコピーが見つかりましたが、遺言としての効力は認められますか? Q.公正証書遺言とはどのような... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年07月12日

遺言に関するQ&A1

次のページへ≫ Q.遺言にも種類があるのですか? Q.遺言書で特定の相続人を除外できる? Q.遺言は遺言者の手書き(自筆)でないと駄目ですか? Q.遺言では遺産の処分以外に何ができますか? Q.遺言が複数出てきた。どれが有効となる? Q.遺言は、撤回することができますか? Q.遺言を見つけても、すぐに開けては駄目ですか... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月19日

相続の第一順位から第三順位について教えてください。

A. 第一順位は被相続人(亡くなった人)の子、第二順位は被相続人の直系尊属、第三順位は被相続人の兄弟姉妹です。  相続人の範囲(誰が相続人になれるのか)と相続順位(何番目に相続の権利が与えられるのか)については、次のように決まっています。  まず、第一順位は、被相続人(亡くなった人)の子です。ここには、実子も養子も含ま... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月19日

養子にも相続をする権利があるのでしょうか?

A. 養子には、養親を相続する権利があります。しかし、実親を相続する権利があるかどうかは、普通養子と特別養子で異なります。  まず、養親の相続については、養子は養子縁組をした日から実子と同じ親族関係を生じます。したがって、養子も実子も同じように、養親を相続する権利があるのです。  そして、養子は法定相続分についても実子... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月19日

内縁の妻に相続権はあるのでしょうか?

A. 内縁の妻に相続権はありません。  亡くなった人(被相続人)の配偶者(夫・妻)は、相続人になりますが、ここでいう「配偶者」というのは、婚姻届を提出している法律上の配偶者に限ります。つまり、いくら事実上夫婦といえるような関係にある人でも、ここでいう配偶者には当たりません。したがって、内縁の妻には相続権がないのです。... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月19日

離婚をした場合には元配偶者、子供の相続順位はどうなるのでしょうか?

  元配偶者は相続人となりませんが、元配偶者との間に生まれた子どもは相続人となります。 群馬県高崎市の弁護士が解説します。   元配偶者は相続人にならない まず、離婚をした場合には元配偶者は相続人とはなりません。   被相続人(亡くなった人)の配偶者(夫・妻)は常に相続人になりますが、離婚をすれば配... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月07日

代襲相続とはどのようなことを指しているのでしょうか?

 相続人には優先順位が決められています。第一順位から第二順位、第三順位へと、順番に相続する権利が与えられるのが原則です。優先順位が上の相続人がいない場合にだけ、次の順位の相続人に権利が与えられるのです。  しかし、被相続人(亡くなった人)より先に、第一順位である被相続人の子供が亡くなっていた場合には、その子供(被相続人... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月07日

被相続人に配偶者と子供がいる場合には相続分はどうなるのでしょうか?

 配偶者は財産の二分の一を相続します。 残りの二分の一を、子供たち全員で相続します。子供が一人の場合には残りの二分の一を一人で相続することになり、子供が二人の場合には残りの二分の一をさらに二人で分けて四分の一ずつが相続することになります。ただし、非嫡出子の法定相続分(法律が定めた原則的な取り分)が、嫡出子の二分の一であ... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年02月05日

相続人が相続放棄をしたいという場合には相続の順位はどう移っていく?

相続人には順位があります。上位の人が相続放棄した場合、順位は第一から第二、そして第三順位へと移っていきます。 群馬県高崎市の弁護士が詳しく解説します。   目次 1.相続順位とは 2.相続放棄した場合の相続順位の移り方 3.相続放棄する時の注意   1.相続順位とは 相続をできる人は法律で決まっており、これを「法定相続... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年01月31日

連れ子には継親の遺産相続権があるのでしょうか?

A.遺産相続には、相続人になれるかどうかの優先順位があり、子は第一順位の相続権が与えられています。この場合の子というのは、実子または養子のことであり、単なる連れ子は相続人になれません。  連れ子が継親を相続できるのは、継親と連れ子が養子縁組を結んでいる場合です。養子縁組を結んで法的な親子関係になっている場合には、問題な... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年01月30日

非嫡出子にも相続権はあるのでしょうか?

 子供には嫡出子と非嫡出子の二種類がありますが、嫡出子が法律上の夫婦から生まれた子供であるのに対して、非嫡出子は法律上の夫婦以外の男女から生まれた子供です。非嫡出子のことを婚外子と言う場合もあります。 嫡出子にも、親を相続する権利があります。  嫡出子も非嫡出子も、相続順位(相続人になれる順位)は、同じ第一順位です。し... 続きはこちら≫

カレンダー 2013年01月30日

遺産分割調停とはどのようなものなのでしょうか?

 遺産相続をする優先順位というのは民法によって決まっているのですが、被相続人が遺言で誰が何をどれくらい相続するのかということをきちんと決めていない場合には、まずは相続人同士で遺産分割協議がおこなわれます。  しかし、その協議で決着がつかない場合には遺産分割調停を家庭裁判所で行う必要があるのです。 遺産分割協議というのは... 続きはこちら≫

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。