解決実績

遺言書
カレンダー 2020年12月09日

遺留分を請求し、1300万円の支払いを受けた事例

事件の概要 事件の種類 遺留分の請求 解決方法 調停 相続人 相談者を含め、子が2名 相続財産 不動産、預貯金、生命保険金、賃料収入等(約3500万円) 相談の経緯  相談者の父は既に他界しており、その際に家族関係が悪化。以前から家族と別居していた相談者が母が亡くなったのを知ったのは半年以上も後でした。    母は生前... 続きはこちら≫

対立する女性
カレンダー 2020年02月28日

遺産分割調停の申立から約4か月程度で解決に至った事例

事件の概要 事件の種類 遺産分割 解決方法 調停 相続人 子が3名 相続財産 預貯金、不動産、出資金、株式   相談の経緯 被相続人である母が亡くなり、本来であれば相続人である子3人で遺産分割協議が必要な状況でした。 ところが、母の死去よりも前に父が亡くなっており、その時点で子の1人である依頼者が多額の財産を遺産分割で... 続きはこちら≫

車椅子
カレンダー 2018年09月07日

被相続人の財産が横領されていた事例

相談の背景 同居している親族(相続権がある場合とない場合とがあり得ます)が、被相続人の財産を使い込んでいることがあります。  この事例では、認知症の状態にあった被相続人が妹(相続権なし)と同居していたところ、被相続人が死亡し、一人息子である相談者の方が相続人となりました。そして、相談者の方が、被相続人の妹に対... 続きはこちら≫

話し合いの模型
カレンダー 2018年09月07日

兄弟達と仲が悪く話合いができないために、遺産分割調停を起こした事例

相談の背景 兄弟の(うちの全員または一部の者同士の)仲が悪いため、話合いができなかったり、相手の言うことが信じられない等の理由で、遺産分割協議が進まないことがあります。また、被相続人の生前の財産(相続財産)については、同居していないとなかなかその全てを把握することは難しいものです。 この事例の相談者の方も、4人兄弟の末... 続きはこちら≫

不動産の模型
カレンダー 2018年09月07日

遺産分割調停において相手方が遺産の全てを開示しないため、弁護士に調停の代理を依頼した事例

相談の背景 被相続人の生前の財産(相続財産)については、同居していないとなかなかその全てを把握することは難しいものです。 このような場合には、遺産分割調停を起こすことが有効ですが、調停においても、(調停委員を通じて相手方に釈明を求めたり、調査嘱託を申し立てる等しても)依然として遺産の全てを開示してこないことがあります。... 続きはこちら≫

遺言書
カレンダー 2018年09月07日

遺留分の請求権を行使した事例

相談の背景 相続でトラブルになりやすいのは、相続人が複数いる場合に、誰か特定の相続人にのみ遺産を相続させるというような内容の遺言書が残されているケースです。 今回の事例でも、父親が死亡し、子である三人兄弟が法定相続人(遺産を受け取る権利のある人)でした。 ところが、三兄弟のうちの一人(相談者)を除いた二人にのみ遺産を相... 続きはこちら≫

遺産分割協議書
カレンダー 2018年09月07日

死亡した父親の相続人として異母兄弟が存した事例

相談の背景 相続では、被相続人が亡くなった後に、それまで知らなかった異母兄弟(異父兄弟)の存在が判明するケースがあります。 今回の事例でも、相談者の方の父親が死亡し、相続人として、母親と子である相談者の他に、父親の前妻との子(異母兄弟)が存在することが判明しました。 相談者の方としては、遺産の大部分を年老いた母親の老後... 続きはこちら≫

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。