【Q&A】内縁の妻(もしくは夫)が遺産を相続できるか教えて欲しい

内縁の妻(もしくは夫)には、内縁の配偶者の財産を相続する権利はありません。

 

ただし、他の相続人がいない場合や、遺言が残されている場合には例外的に相続できるケースもあります。

 

群馬県高崎市の弁護士が解説します。

 

 

 

1.内縁の夫・妻には相続権が無い

法律上、内縁(事実上の夫婦関係はあるが婚姻届が出されていない状態)の配偶者には相続権が認められておりません。
したがって、内縁の妻は、原則として被相続人である内縁の夫の財産を相続によって取得することはできません。
ただし、以下の様な例外があります。

 

2.特別縁故者であれば相続が可能

被相続人が死亡したときに相続人がいない場合には、被相続人の財産を受け取る人がいないので、この財産は国のものになってしまいます。しかし、被相続人と生計が同一であった人や被相続人の看護をしていた人など、生前に被相続人と特別な関係にあった人(これを「特別縁故者」といいます。)がいる場合には、相続財産の一部または全部を受け取ることができます。
ただし、特別縁故者として財産を受け取るためには、一定の手続を踏む必要があります。具体的には、相続人がいないことが確定してから3カ月以内に、家庭裁判所に対して相続財産の分与を請求し、裁判所から相当であると認められなければなりません。

 

3.内縁配偶者が被相続人の家に住み続ける場合

被相続人が、生前に内縁の配偶者と同居するためにアパートなどの住居を賃貸で借りていた場合には、被相続人に相続人がいない場合に限り、同居していた内縁の配偶者は、住居に住む権利を被相続人から承継することができます。
もっとも、居住者は、被相続人の権利だけでなく義務も承継することになるので、賃貸人に対して賃料を支払う義務も発生します。

 

4.遺言があった場合

被相続人が、生前に内縁の配偶者に対して財産を与える旨の遺言を残していれば、内縁の配偶者であっても、被相続人の財産を取得することができます。

被相続人が、ある特定の人に財産を与える旨の遺言を残していれば、被相続人が死亡した後、その人は被相続人から財産を受け取ることができます。

遺言をする場合は、法定相続人だけでなく、内縁の配偶者など、本来であれば相続人ではない人を受取人に指定することができるためです。

 

他の相続人の遺留分を侵害している場合は?

ただし、内縁の配偶者が財産を取得したことにより、他の相続人の遺留分を侵害した場合には、取得した財産の一部を他の相続人に返還することになります。他に相続人がいる場合、一定の相続人には、最低限の遺産を確保する権利(これを「遺留分」といいます。)が認められているからです。
したがって、内縁の配偶者に対して財産を与える旨の遺言を作成する場合には、相続人の遺留分を侵害しないように気を付けて遺言を作成する必要があります。

 

5.まとめ

まず、内縁の配偶者に相続権はありません。しかし、他に相続人がいない場合には特別縁故者の手続きを踏むと相続が可能です。
他の相続人がいる場合でも、遺言に「内縁の配偶者に財産を相続させる」旨があれば相続が可能です。ただし、他の相続人の遺留分を侵害した場合、その相続人に遺産の一部を返還する必要があります。
手続を進めるにあたって不安がある場合には、一度弁護士に相談されることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました