遺留分の請求

公正証書遺言
カレンダー 2022年10月26日

不動産の評価額が問題になったケースで、調停により法定相続分どおりの預貯金を取得できた事例

事件の概要 事件の種類 遺産分割・遺留分侵害額請求 解決方法 調停 相続人 Kさん(ご本人)を含めて3名 相続財産 不動産、預貯金、自動車 相談の経緯 Kさんの父親が亡くなり、父は他の相続人の子ども(被相続人から見て孫)に対して公正証書遺言を作成していた事が分かりました。 遺言の内容は「孫に全ての土地を譲る」となってお... 続きはこちら≫

書類を見る男性
カレンダー 2022年04月22日

生命保険金の持ち戻しを認めさせて遺留分として約1500万円を取得できた事例

事件の概要 事件の種類 遺留分侵害額請求 解決方法 訴訟 相続人 Dさん(ご本人)を含めて5名 相続財産 不動産、預貯金、有価証券等 相談の経緯 Dさんの母が亡くなり、相続人はDさんを含めて5名でした。 相続人の1人が遺言執行者となり、公正証書遺言に基づき、遺言執行が行われました。 しかし、Dさんの取得した金額が遺産総... 続きはこちら≫

遺言書
カレンダー 2022年01月28日

他の相続人にすべてを譲るという遺言書が…遺留分請求により適切な金額を支払ってもらった事例

事件の概要 事件の種類 遺留分侵害額請求 解決方法 交渉 相続人 Aさん(ご本人)を含めて3名 相続財産 不動産、預貯金等 相談の経緯 Aさんの父が亡くなり、相続人はAさんを含めて3名でした。 父は遺言書を残しており、「遺産のすべてをB(相続人の1人)に譲る」という内容になっていました。 その後、遺言書通りにBさんが全... 続きはこちら≫

遺言書
カレンダー 2021年08月10日

遺言書の内容が不公平だったため、遺留分を請求し価額弁償を受けた事例

事件の概要 事件の種類 遺留分の請求 解決方法 交渉 相続人 相談者を含め4名 相続財産 預貯金、不動産、有価証券(自社株式含む)   相談の経緯  相談者様の父が亡くなり、公正証書遺言が残されていましたので、遺言に従って遺産分割を進めることになりました。    ところが、他の相続人は預貯金や価値の高い土地を... 続きはこちら≫

遺言書
カレンダー 2020年12月09日

遺留分を請求し、1300万円の支払いを受けた事例

事件の概要 事件の種類 遺留分の請求 解決方法 調停 相続人 相談者を含め、子が2名 相続財産 不動産、預貯金、生命保険金、賃料収入等(約3500万円) 相談の経緯  相談者の父は既に他界しており、その際に家族関係が悪化。以前から家族と別居していた相談者が母が亡くなったのを知ったのは半年以上も後でした。    母は生前... 続きはこちら≫

遺言書
カレンダー 2018年09月07日

遺留分の請求権を行使した事例

相談の背景 相続でトラブルになりやすいのは、相続人が複数いる場合に、誰か特定の相続人にのみ遺産を相続させるというような内容の遺言書が残されているケースです。 今回の事例でも、父親が死亡し、子である三人兄弟が法定相続人(遺産を受け取る権利のある人)でした。 ところが、三兄弟のうちの一人(相談者)を除いた二人にのみ遺産を相... 続きはこちら≫

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。