法定相続人・法定相続分とは

3I4A38650001.png  

相続では、亡くなった人のことを「被相続人」といい、遺産を受け取る人のことを「相続人」といいます。

被相続人が遺言書等で相続人を指定していなかった場合、その財産は民法で定められた相続人が決められた割合で相続することとなります。これを「法定相続」といいます。

目次

1.法定相続人とは
2.法定相続分とは

 

1.法定相続人とは

相続人になれる人の範囲は、民法によって規定されています。民法によって定められている相続人を「法定相続人」といいます。法定相続人となる範囲は以下の通りです。

 

・配偶者
・子(直系卑属)
・親(直系尊属)
・兄弟姉妹

 

 そして、法定相続人には順位が決められており、遺言書がなく被相続人が亡くなると、以下のように法定相続人が決まります。

 

配偶者は常に相続人となる
  
親は、子がいない場合の相続人
  
兄弟姉妹は、子と親がいない場合の相続人

 

2.法定相続分とは

「法定相続分」とは、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合をいいます。
ですから、法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのか
を知るひとつの目安となります。

法定相続人とそれぞれの法定相続分をまとめたものが以下の表です。

 

順位 法定相続人 法定相続分
配偶者と子(直系卑属) 配偶者=2分の1
子=2分の1
配偶者と親(直系尊属) 配偶者=3分の2
親=3分の1
配偶者と兄弟姉妹 配偶者=4分の3
兄弟姉妹=4分の1

 

遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる相続をさせることが可能です。

ただし、この場合、遺言書が相続人の遺留分を侵害するものではないか、というトラブルが生じるケースがあります。

相続に関するトラブルが生じてしまったら、なるべく早めに専門家に相談することをおすすめします。

 

相続の基礎知識についてさらに!

相続のスケジュール
法定相続人・法定相続分とは

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

弁護士紹介 ●事務所紹介 ●サービスと費用 ●各士業の役割の違い

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。