自筆証書遺言と公正証書遺言は何が違うのですか?

A. 自筆証書遺言と公正証書遺言は遺言の作成方式による区別であり、どちらの方式で作成しても遺言としての効力に違いがあるということはありません。

 

「自筆証書遺言」は、遺言をする者が、遺言書の本文、日付及び氏名を自分で書き(自書)、押印することにより作成する方式の遺言です。

 これに対して、「公正証書遺言」は、遺言をする者が遺言の内容を公証人に伝え、公証人がこれを筆記して公正証書による遺言書を作成する方式の遺言で、作成にあたっては二人以上の証人の立会が必要となります。

 「公正証書遺言」の場合、遺言書の作成に公証人が関与し、遺言書の原本は公証役場に保管されますので、方式不備等の理由で遺言の効力が事後的に争いになったり、遺言書が滅失したり改ざんされる危険性が小さいと言えます。これに対して、「自筆証書遺言」の場合は、これらの危険性が大きいと言えます。

 また、「自筆証書遺言」の場合、家庭裁判所の検認手続が必要となりますが、「公正証書遺言」の場合、検認手続は不要とされています。

 一方、「公正証書遺言」の場合、遺言書の作成に公証人が関与することから、それなりに費用がかかりますし、作成にあたっては証人が立ち会うため、遺言書の存在及び内容が外部に明らかになってしまいますが、「自筆証書遺言」の場合、遺言書を作成したこと自体を秘密にしておくことも可能です。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。