相続Q&A

相続関係図
カレンダー 2022年06月03日

遺言の自由

1.遺言を作成するメリットとは 生前に遺言を作成しておくことによって、自分が亡くなったあとに自分自身の思いを実現させることが可能になってきます。自分の財産をどのように分けたいか、またどの方に相続させたいか、などを遺すことが出来るのです。もし、遺言を作成しなかった場合には法定相続人が遺産を相続することになり、それ以外の者... 続きはこちら≫

対立する女性
カレンダー 2022年06月03日

遺産分割調停・審判

1.遺産分割調停が始まるきっかけ 相続が発生した際にもめごとが起きてしまうケースというのは決して少なくはありません。 もめてしまうと、財産の名義変更や処分が出来なくなってしまいます。どうしてかと言いますと、相続が発生するとその時点での遺産に関しては相続人同士の共有の財産となり、共有している状態から各相続人の名義に変更す... 続きはこちら≫

相続
カレンダー 2022年06月03日

限定承認と単純承認

1.相続放棄と承認 相続が開始された場合、相続人には、大きく分けて3つの選択肢があります。 一つ目は、被相続人から引き継ぐ資産の限度で被相続人の債務を弁済すると言う条件付きで、被相続人の財産を引き継ぐというものです。これを、相続の限定承認といいます。 二つ目は、資産も債務も含めて被相続人の財産全てを無条件で引き継ぐとい... 続きはこちら≫

パソコンを使う女性
カレンダー 2022年06月03日

内縁の妻がいた場合や離婚調停中の相続はどうなるのでしょうか?

1.内縁の妻がいた場合 (1)内縁の夫・妻には相続権が無い 法律上、内縁(事実上の夫婦関係はあるが婚姻届が出されていない状態)の配偶者には相続権が認められておりません。 したがって、内縁の妻は、原則として被相続人である内縁の夫の財産を相続によって取得することはできません。 被相続人が死亡した場合、配偶者は常に相続人とな... 続きはこちら≫

遺産相続の模型
カレンダー 2022年06月03日

相続放棄とは

1.相続放棄とは 相続の際、相続人は相続を受け容れる「承認」か、相続を拒否する「放棄」のどちらかを選択することになります(民法915条1項本文)。 相続は、被相続人の死亡によって開始します(民法882条)。 相続人は、相続の開始について知っているかどうかに関係なく、しかもその意思を問われることもなく、被相続人の権利義務... 続きはこちら≫

カレンダー 2022年06月02日

遺留分と遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)について

1.遺留分とは 遺留分というのは被相続人が所有していた相続財産について、その一定の割合の承継を一定の法定相続人に保障するというものです。本来、私有財産制度という制度のもとにおいては被相続人の財産処分は被相続人の自由になっています。しかし、被相続人が亡くなった後の共同生活者の生活利益を保障する、という趣旨から遺留分が認め... 続きはこちら≫

相続
カレンダー 2022年06月02日

相続回復請求権とは

相続回復請求権とは、相続人が有する相続権を他人が侵害している場合、相続人がその侵害者に対して相続権を主張し、相続財産の返還など相続財産の回復を図る権利のことです(民法884条)。 例えば、相続欠格である相続人が相続権を主張して遺産を占有している場合に、真正な相続人は、遺産の返還を求める相続回復請求権を行使することになり... 続きはこちら≫

遺言書
カレンダー 2022年05月20日

自筆証書遺言とは

1.自筆証書遺言とは 自筆証書遺言のメリットとは 自筆証書遺言は手軽で自由度が高い 手軽で自由度が高い自筆証書遺言は、自筆であること、日付の記載があること、署名捺印があることなど最低限の条件さえ整っていれば有効とされる遺言書です。そのため、自書能力さえ備わっていれば、いつでもどこでも自らの意思に従って作成することができ... 続きはこちら≫

紙幣と計算機
カレンダー 2022年05月20日

遺贈について

遺贈とは 遺贈とは、遺言によって遺産の全部又は一部を特定の人に無償で与える行為をいいます(民法964条)。 遺贈の利益を受ける者を「受遺者」と呼び、遺贈を実行すべき義務を負うものを「遺贈義務者」と呼びます。 遺贈は、遺言によってなされる相手方なき単独行為です。 死因贈与(民法554条)は、遺贈に類似していますが、単独行... 続きはこちら≫

電卓で計算をする税理士の手元
カレンダー 2022年05月19日

遺産分割の概要

1.相続の流れ 相続は被相続人が死亡することで開始されます(民法882条)。 まず、死亡届が出す必要があります。 保険をかけているのであれば、死亡保険金の請求の手続をします。 相続を受ける相続人が確定してから、遺産の配分を決める遺産分割協議を経て各相続対象者に配分された後、各自が所有権移転などの作業を済ませ、相続税など... 続きはこちら≫

遺言公正証書を持つ男性
カレンダー 2022年05月19日

遺言の種類と特徴

1.概要 自筆証書遺言と公正証書遺言は遺言の作成方式による区別であり、どちらの方式で作成しても遺言としての効力に違いがあるということはありません。 「自筆証書遺言」は、遺言をする者が、遺言書の本文、日付及び氏名を自分で書き(自書)、押印することにより作成する方式の遺言です。  これに対して、「公正証書遺言」は、遺言をす... 続きはこちら≫

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。