• TOP
  • 相続Q&A
  • 被相続人に配偶者と子供がいる場合には相続分はどうなるのでしょうか?

被相続人に配偶者と子供がいる場合には相続分はどうなるのでしょうか?


 配偶者は財産の二分の一を相続します。
残りの二分の一を、子供たち全員で相続します。子供が一人の場合には残りの二分の一を一人で相続することになり、子供が二人の場合には残りの二分の一をさらに二人で分けて四分の一ずつが相続することになります。ただし、非嫡出子の法定相続分(法律が定めた原則的な取り分)が、嫡出子の二分の一であることに注意が必要です。

 例えば、亡くなった人(被相続人)の妻のAさんと子供のBさんが相続人で、遺産が6000万円ある場合、妻Aさんの相続分は3000万円、子供Bさんの相続分も3000万円になります。

 一方、相続人が、被相続人の妻のAさん、嫡出子のBさん、非嫡出子のCさんの3人だった場合は、妻Aさんの相続分が3000万円、嫡出子Bさんの相続分が2000万円、非嫡出子Cさんの相続分が1000万円となります。

 このように、民法の定めでは被相続人の配偶者は常に相続人になり、被相続人の子供は第一順位の相続人です。
被相続人が生前に相続分に関して遺言で指定していない場合には、相続分は以上のようになります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png