• TOP
  • 相続Q&A
  • 代襲相続とはどのようなことを指しているのでしょうか?

 

代襲相続とはどのようなことを指しているのでしょうか?

 相続人には優先順位が決められています。第一順位から第二順位、第三順位へと、順番に相続する権利が与えられるのが原則です。優先順位が上の相続人がいない場合にだけ、次の順位の相続人に権利が与えられるのです。

 しかし、被相続人(亡くなった人)より先に、第一順位である被相続人の子供が亡くなっていた場合には、その子供(被相続人から見て孫)が代わりに相続人になります。さらに、被相続人から見て孫まで先に亡くなっていた場合には、その子供(被相続人から見てひ孫)が代わりに相続人になります。

 このように、本来の相続人の代わりにその子供が相続人になる制度のことを、代襲相続と言います。

 代襲相続の権利は、被相続人の子供の相続権については、まず孫、次はひ孫・・・といったようにどんどん続いていきます。一方、被相続人の兄弟や姉妹の相続権については、甥と姪の一代までしか代襲相続できません

 法定相続分については、代襲相続をする場合であっても、元の相続人の相続分と同じ割合になります。

 代襲相続ができるのは、本来の相続人が①被相続人よりも先に亡くなっていたという場合、②相続欠格(法律が定めた事由が生じることで自動的に相続資格を失うこと)になった場合、③相続廃除(法律が定めた事由が生じた上で、被相続人の意思により相続資格を奪うこと)になった場合の3つの場合です。

 一方、本来の相続人が相続放棄をしたという場合には、代襲相続は起こりません


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png