親からの使用貸借、相続はどうなる?

A. 使用貸借されている親の土地も、親が亡くなれば、当然に相続の対象になります。

相続人は法定相続人全員になりますから、問題はそれを誰と誰がどれだけ相続するかということになります。

親が所有する土地の上に、子が自分の名義で家を建てる。これ自体は別段変わったことでもなく、よくある話です。  

その土地の使用料を地代家賃として支払っておらず、つまりは無償で借りているという使用貸借の例もまたよくある話です。

親が生きているうちはそれで良いのですが、亡くなれば兄弟などの法定相続人全員で遺産分割することになります。

せっかく家が建っているわけですから、できれば解決法としては、家の所有者である者が土地を1人で引き継ぐのがよいでしょう。

しかし、相続をめぐって兄弟・親族間で遺恨になるのは嫌ですよね。

そこで、当該建物の所有者は相続人となる親族に「他の部分についてはみんなに譲るから、この土地だけは自分に譲ってほしい」といった話をするのが普通です。

或いは、被相続人となる親に対して働きかけ、「○○が住んでいる土地は○○1人に相続させる」という遺言書を書いてもらうこともあり得ます。

できる限り、相続人全員が集まる場で、納得した上で了承してもらえるような話し合いがもてると、なお良いでしょう。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。