別居していても離婚していなければ配偶者の相続人となりますか?

 

A. 被相続人が死亡した際に、現に婚姻関係が継続されているのであれば、被相続人の配偶者(夫又は妻)は相続人となります(民法890条)。

配偶者は常に相続の資格を持ちます。

ただ、ここでいうのはあくまでも法律上の配偶者のことですので、いわゆる内縁(婚姻届を出していない)の配偶者は含まれません。

法律上の配偶者であれば、仮に、別居中であっても、被相続人である夫または妻が死亡した時に離婚さえしていなければ相続の対象となるのです。

 

 

被相続人が別居して他の異性と暮らしていたとしても、正式に婚姻関係にありさえすれば良いのです。

離婚手続中であっても、成立していなければまだ配偶者の関係にあるわけですからそれでも相続人となります。

 

       

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。