妻が受取人の生命保険金も遺産分割対象になりますか?

 この場合、生命保険金は相続財産にはあたらず、原則として、遺産分割の対象にはなりません。

 相続の対象となるのは、相続開始時(すなわち被相続人の死亡時)に被相続人に帰属していた権利義務に限られます。
 一方、生命保険金というのは、契約者が死亡したときに、保険会社が受取人として指定された者に対して生命保険契約に基づき支払う金員です。すなわち、受取人は、生命保険契約に基づき、自身の固有の権利として生命保険金の請求権を取得するのであり、契約者が取得した保険金請求権を受取人が承継するというわけではありません。

 以上のように、特定の人を受取人とする生命保険契約を被相続人が締結していた場合、被相続人が亡くなられることにより、受取人が直接、生命保険金の請求権を取得することになり、生命保険金の請求権は、相続開始時に被相続人に帰属していた権利義務ではありませんので、相続財産には含まれません。
 したがいまして、被相続人の妻が受取人となっている生命保険金については、相続財産にはあたらず、原則として遺産分割の対象にはならないということになります。

 もっとも、生命保険金は一般的には相当高額になることから、これが常に遺産分割の対象とならないとすると、共同相続人の間で不公平を招くことも考えられます。そのため、一定の場合には、生命保険金請求権が特別受益に準じて持戻しの対象となるという形で(相続財産の一部について前渡しを受けていると評価されるということです)、被相続人の妻が生命保険金の受取人となっていることが遺産分割にあたり考慮されることがあります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。