相続開始後に遺産である土地や建物から生じる賃料収入は遺産に含まれますか?

 遺産の中に、被相続人が他の者に賃貸していた土地や建物がある場合、相続開始後も、これらの土地や建物からは賃料収入が発生することになります。
 これに対して、相続開始後に遺産分割までの間に生じた賃料債権については、各共同相続人がその相続分に応じて分割された権利を確定的に取得することになります。
例えば、遺産である建物から毎月30万円の賃料収入が生じる場合で、相続人が、被相続人の妻と子(一人)である場合、妻と子が15万円に分割された賃料債権をそれぞれ取得することになります。
このような取扱がされるのは、相続開始後から遺産分割までの間は、賃料収入の源である土地や建物が遺産として共同相続人により相続分に応じた共有の状態となるためです。

そして、遺産分割後に生じる賃料債権については、賃料収入の源である土地や建物を遺産分割により取得した相続人が取得することになります。 

このように、相続開始後に生じた賃料債権は、被相続人の財産に属した権利義務には当たりませんので、相続の対象にはならず、遺産には含まれないということになります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。