• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続に関する手続の流れを教えてください

相続に関する手続の流れを教えてください

A 相続は被相続人が死亡することで開始されます(民法882条)。

まず、死亡届が出す必要があります。
保険をかけているのであれば、死亡保険金の請求の手続をします。
相続を受ける相続人が確定してから、遺産の配分を決める遺産分割協議を経て各相続対象者に配分された後、各自が所有権移転などの作業を済ませ、相続税などの国民に義務付けられた処理を完了させることで終了となります。
通常は3ヵ月から半年以内には完了するものですが、場合によっては数年に及ぶこともあります。

例えば、相続人の所在がつかめないため捜索に当てる時間を要する場合がそれです(民法952条2項等)。
相続人が失踪などにより行方不明となっているのであればかなりの日数が必要となるでしょう。

相続の遺産分割のためには、相続の対象となる人全員の参加が条件であり、一部の例外を除き、1人でも欠ければ無効となるのです(907条1項)。

遺言書のある場合と無い場合でもかかる日数には違いが出るでしょう。
遺言書の内容次第でも、処理される日数に違いが出ます。
遺産の内容によっても、その調査のためにかなりの時間を要するかも知れません。

相続に慣れているなんていう人はあまりいないと思います。
初めての相続には、戸惑うことの方が多いと思います。
大切な親族が亡くなられて相続どころではないという方もいるでしょうが、相続税などの手続には期限があります。
故人を悼むのも大事なことですが、決められた期日までに相続関係の諸手続を行わなければならないのです。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png